新型コロナウィルス感染症拡大に伴う弊社の取り組みに関して
詳細はこちら

面接時間をより良い時間に

応募者に聞きたい質問を考え、

リンクを自社サイトの求人ページやSNSに載せるだけで

VCVシステムが求める人材に適した応募者を選んでくれます。

一人の採用にどのくらいの時間を費やしてますか?

250名の応募の中から対面で面接する3名の選考まで要する平均時間は、

従来の採用選考の方法では21時間ですが

VCVのシステムを活用することにより1時間に短縮できます。

どのように実現しているのか?

自由に質問が設定でき、質問に対する準備時間の設定も行えます。

事前に設定した質問に応募者が答えている録画動画を視聴し、

面接を行うのに最適な応募者であるかどうかの判断が可能です。

リモートで行う上で​スケジュール調整の必要もなく、調整したにも関わらず面接がなくなるリスクもなくなります。

VCV上では求人毎に簡単な求人ページを作成する事ができます。またVCVボットを通じて求人に関する質問に答えて頂くと求人ページが自動で作成されます。

作成されたURLはSNSやメール、会社ページ等で簡単に共有することができます。

事前に設定した質問に応募者が答えている録画動画を視聴し、

書類や写真では判断のつかない部分を事前に確認できます。

質問毎に時間制限を設けたり、回答の再録画の有無等を設定

することができます。

オンライン面接と異なりスケジュールの調整が不要で当日面接がなくなるリスクがなくリモートですべて行う事ができます。

ビデオインタビューの他にスキルを確認する上で​音声、ビデオ、テキスト等様々な形式での質問を作成し、オンライン上で受験してもらう事も可能です。

また申込フォーム機能では資格や事前に確認しておきたい項目を応募者にアンケート形式で聞く事ができます。

テスト機能、申込フォームのいずれも事前に合格ラインを設定しスクリーニングすることが可能です。

 

採用担当者やその場にいる面接官の判断だけでなくビデオを

社内に共有し判断する事ができます。

また過去のデータから顔認識や言語分析テクノロジーを活用し、評価項目の見直しや潜在層の候補者を探し出す事も可能です。

VCV上でオンライン面接が行えます。オンライン面接はカレンダー反映もされるため、参加者全員に通知がいきます。

また面接中にメモや録画も可能で終了後や次回の際に確認することができます。

​複数人での面接も可能です。

時間

オンラインと異なり、

採用側、応募者​両者にとって

場所時間に縛られない

​共有

面接で数名の面接者のみの

判断と異なり、

ビデオインタビューは

数分で現場チーム含めて

複数名の​評価/共有を得える

​面接工数

書類+1次面接=1時間

↕️

ビデオインタビュー5分

 

​上記に置き換えるだけで

日程調整の時間も不要になり、

優先したい面接を明確にできる

finded1.jpg
finded2.jpeg
 
お問合せフォーム